僕ダン2
僕ダンコミック

「僕ダン」シリーズ刊行情報


本の紹介

連載たった4カ月で1000万PVを突破!
コミカライズも決定した人気急上昇中のタイトルがついに書籍化!



東京の立川市の格安物件に引っ越した鈴木トオル。
マンションのあまりの安さに幽霊でも出るのかと思いきや、なんとダンジョンとつながっていた!
ゲーマーのトオルは、ディスカウントストアで購入した日本のアイテムでダンジョンの探索を始める。

ダンジョンで助けた誇り高い金髪の女騎士、トオルをご主人様と慕う白スライム、孤独なエルフの女魔法使い。
彼女たちはダンジョン内にある快適な部屋の魅力にもうメロメロ!
さらにディスカウントストアで買ったコスプレ服を着させると、ステータスが大幅上昇!?
トオルは日本のアイテムを使ったモンスター狩りを計画。徐々にレベルを上げて、スキルを獲得していき……。

「異世界×日本」+「冒険×日常」の超やりたい放題新感覚ファンタジー小説!!


AI分析レポート

「僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件2」のAI分析結果を公開!


ツギクルが誇るAI作品分析機能を使用して、作品の特徴や魅力を探ってみました!

まずは「ジャンル構成要素分析」です。
分析結果を見ると「ファンタジー」要素が多く含まれるのは勿論ですが、他にも様々な要素が含まれていることが分かります。
「恋愛」要素はトオルと異世界のキャラクターとのやり取り、「SF」要素は現実世界と異世界の不思議な繋がり・・・そんなところから感じ取れるのかもしれません。
「僕ダン2」は色んなジャンルの要素がふんだんに詰め込まれているようですね!

次に「文章構成分析結果」を見てみましょう。
セリフの多さ魅力的なキャラクターのテンポの良いやり取りに繋がり斬新ながら分かりやすい設定読みやすさとして高いスコアを生み出していることが分かります。
初めてライトノベルを読む人にもお勧めできるのではないでしょうか?

最後に「特徴語」です。
これは作品における「キーワード」「オリジナル要素」をピックアップしたものなので、読み進めていくときに特にこの「特徴語」を意識しておくとより面白くなるかも?
「僕ダン2」では主要キャラクターの名前に交じって「扉」、「ダンジョン」、「レベル」がピックアップされていますが、これらが物語にどう関わっているのか楽しみですね!

AI分析の結果は、下の画像をクリックすると詳細を見ることが出来ます。
読む前に分析を見ても楽しみが増えますし、読んだ後に分析結果を見てみると新たな発見があるかもしれませんよ!



著者インタビュー

「僕ダン」シリーズの著者、東国不動先生にインタビュー!
色々な質問に答えていただきましたので、ぜひご覧ください!


小説を書き始めたのはいつ頃からですか?きっかけは?
書籍化された異世界料理バトルを書いたのが初めてです。約二年前ですね。
それ以前は長編らしい長編小説は書いたことがありませんでした。
SSサイトの知り合いになろうで書くと人気出れば書籍化されるらしいよと聞いて、小説も書いてみようかと始めたのがきっかけです。

小説を書く時に心がけていることはありますか?
読者をどんな人か想定して書くことです。
ちょっとしたペルソナマーケティングというやつかもしれないです。

普段の生活の中で好きな作品、ジャンルを教えてください。
漫画、映画、ゲーム、小説。最近は特に漫画ばかり読んでいます。
最近ハマっている漫画はヴィンランド・サガ、ヒストリエ、キングダム、ゴールデン・カムイとか。
やや重厚な歴史ものが多いですね。自著について小説というよりも漫画っぽいと指摘されることがあるのですが、漫画ばっかり読んでるからかも。
自覚はあります。

執筆スタイルについてお伺いします。執筆する場所や環境、時間など教えてください。
時間は一切決めてないですね。空いてる時間に書いています。場所も色々ですね。
最近はいわゆるノマドもしています。

作品「僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件」が生まれたきっかけは?(何から着想を得たのでしょうか?)
一度ぐらいラノベ賞に応募したいなと考えていて、異世界と繋がってしまった「本物の猫耳のいるメイド喫茶」みたいなネタを用意していました。
そんな時になろうでなんとか異世界を脱せないかなと思っていたので、このネタなら半分ぐらい抜け出せるかもしれないぞとなろう用に作りなおしました。

作品の見所はどんなところですか?
ファンタジー世界の人が日本の主人公の部屋で日常系をしているところです。

お気に入りのキャラクターはいますか?
みんなお気に入りなんですが、強いて言えばディートです。

書籍化される過程で印象深いのは?(改稿が大変、イラストがうれしい、など)
書籍化される前も後も印象深いことが多くて勉強になります……とだけ申し上げておきましょう(笑)
日々、試行錯誤しています。

これから作家を目指している方々へ、ひと言アドバイスをお願いします。
ともかく作家になるだけなら「誰が何を求めているか」を考えていけば、なれると思います。


第1巻刊行記念! カウントダウンイラストギャラリー

    イラストレーターJUNA先生による第1巻刊行記念書き下ろしカウントダウンイラストをまとめて公開!(下の画像をクリック)
    JUNA先生のTwitterはこちら


キャラクター紹介

  • リア(アリア=エルドラクス)

    軍事貴族エルドラクス家を受け継いでカーチェ伯爵家に仕えていたが、主家が廃されたことで冒険者となった。ダンジョンでゴブリンのマヒ毒を受けて動けなくなったことをきっかけにトオルと知り合う。

  • ディート=マカロン

    一匹狼の女魔法使いとして活躍するハイエルフの冒険者。ダンジョン内で傷ついていたところをトオルに助けられた。自分のレベルが上限に達していると悩んでいたのだが……。

  • シズク

    ダンジョンの地下深くに暮らしていたが、良い人間がいることを信じてダンジョンの上層階に上がってきた白スライム。何にでも変身できる擬態能力があり、トオルのためにその能力をフル活用する。

  • トオル(鈴木透)

    大学を中退して、現在はファミレスでバイトをしているフリーター。最近引っ越したマンションがダンジョンとつながっている不良物件で、さまざまなトラブルに巻き込まれていく。