刊行情報

Re:ビルド!!

~生産チート持ちだけど、まったり異世界生活を満喫します~

  • 第2回ツギクル小説大賞 大賞受賞の話題作!

「魔王と戦いません。モフモフスローライフがしたいんです!」
開拓ゲーム『クリエイト・ワールド』の世界でビルダー能力を駆使してスローライフを送る開拓系ファンタジー。

著: シンギョウ ガク
イラスト: ネコメガネ
四六判  1,200円+税
ISBN: 978-4-7973-9486-3

この本を注文する

本の紹介

新人社畜だった主人公の村上創(ツクル)は、開拓系ゲーム『クリエイト・ワールド』のプレイ中に突如死亡。
気がつくと、ゲームと同じ世界に転生していた。
あらゆるものを生産できる『ビルダー』という能力(職業)を駆使して開拓を進め、狐耳美少女ルシアとゆるーいイチャラブ生活を満喫するツクル。
充実したモフラブ生活を楽しむツクルだが、そこに『クリエイト・ワールド』の世界を破壊しようと企む魔王軍の影が迫る――。

イチャラブしながら世界を救う、無意識系俺TUEEEファンタジー。

キャラクター紹介

著者紹介

Re:ビルド!!~生産チート持ちだけど、まったり異世界生活を満喫します~』著者のシンギョウ ガク先生にインタビュー! 
作品にまつわる色々な質問にお答えいただきました!

小説を書き始めたのはいつ頃からですか?きっかけは?

もともとはラノベや歴史小説を中心に読み漁って生活してきていまして、小説家になろう様の『盾の勇者』、『無職転生』を読んでいました。自分が書き始めたのは2014年4月くらいですね。なろうテンプレといわれる異世界転生物で、自分の読みたい物を書こうと思ったのがきっかけです。

小説を書く時に心がけていることはありますか?

書いていて自分が含み笑いできるような場面を放り込んでいくことですかね。半分くらい自分のために書いているので、その作品の一番の読者であることを心がけています。 

普段の生活の中で好きな作品、ジャンルを教えてください。

歴史小説は大好きですね。日本の物より中国史の読み物が大好物です。キャラクター造形のモデルなどに中国の皇帝なんかを使ったりしています。主に悪役ですけれども(笑)
またラノベはファンタジー全盛時代にドップリと浸かった世代なので、『スレイヤーズ』、『魔術士オーフェン』、『ソード・ワールド』などが主な好物でした。ああ、ロボット物も大好物なので『フルメタル・パニック!』とか『機動戦士ガンダム』も読み漁っています。 

執筆スタイルについてお伺いします。執筆する場所や環境、時間など教えてください。

主に自室でノートPCを使って書いています。ノートPCがデカいので持ち運ぶのが大変です。時間は決めずに飽きるまで書いてますね。それか、お尻が痛くなるまでです。たまにノートPCがフリーズして泣いています。保存大事! 

作品「Re:ビルド!!~生産チート持ちだけど、まったり異世界生活を満喫します~」が生まれたきっかけは?(何から着想を得たのでしょうか?)

ヒロインとのイチャラブ物が書きたくて題材を探していたら、とあるゲームの動画がユーチューブにありまして、いろいろと面白そうなことをされていたのを見て、スローライフでいろいろと作ってヒロインとまったり暮らす作品を書くことになりました。 

作品の見所はどんなところですか?

主にネコメガネ先生の描いた表紙・口絵・挿絵等々ですかね。私の本文でなら、ルシアとの朝の恒例行事の場面です(笑)それと、ピヨちゃんの天誅場面ですかね。特徴の一つではないかと思います。

お気に入りのキャラクターはいますか?

ヒロインのルシアですね。WEB版ではちょっと違う設定ですが、書籍版ルシアも超カワイイです。ネコメガネ先生による抱き枕カバーを制作していただきたいほどです。きっと、みんなルシアの魅力に惹かれて本を片手にレジに持って行ってくれるはず。それとピヨちゃんですね。表紙ではラブリーな姿をしていますが、一皮むけば風紀委員長なので、作者も額に穴を開けられないか怯えている次第です。 

書籍化される過程で印象深いのは?(改稿が大変、イラストがうれしい、など)

この作品は第2回ツギクル小説大賞の大賞をいただいた作品であり、一緒に応募されていた作家の方から絶対に大賞を取れると励ましてもらいました。その方へのお礼はすでにできなくなりましたが、本作が書店に並ぶことでお礼に代えさせてもらいたいと思います。 

これから作家を目指している方々へ、ひと言アドバイスをお願いします。

「作家になりたいなら複数打席に立て」とだけアドバイスさせてもらいます。1打席よりも10打席立った方がヒットになる可能性は高いです。とにかく作家になりたいなら、いろいろ書いてWEB投稿なり公募に出す。一作にこだわっていると芽が出ない可能性がありますので。