刊行情報

ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました2

  • 5月30日、双葉社よりコミック単行本発売決定!

町に行ってもトラブル続き
全部ポーション料理で解決します!

著: 富士とまと
イラスト: 村上ゆいち
四六判  1,200円+税
ISBN: 978-4-8156-0037-2

この本を注文する

関連書籍

 

本の紹介

ポーション畑でハズレポーションの秘密を解明したユーリ。
ポーション料理の効果は絶大で、災害クラスの魔物の暴走もパワーアップしたローファスとブライスによって無事に解決。
いっぽうユーリは買い出しのために町を訪れるが、そこで事態は急変していく――。
迫りくる波乱の予感。Web版にはない謎が解き明かされる、ゆるゆるポーション料理ファンタジー第二弾!

キャラクター紹介

ユーリ
学生結婚して10年、三十路になるまで専業主婦だった異世界転移者。逆境でも優しさやユーモアを失わず、ひたむきに頑張る性格の持ち主。

ローファス
難しい依頼をこなして世界を渡り歩く、S級冒険者。ユーリと同じ30歳だが「おっさん」と自称。任務や人の世話で忙しく、いまだ独身。

著者紹介

ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました 』著者の空地大乃先生にインタビュー! 
作品にまつわる色々な質問にお答えいただきました!

小説を書き始めたのはいつ頃からですか?きっかけは?

小学校高学年のころ、友達と始めた交換ノートに書き始めたのがきっかけだったと思います。友達とは小学4年から高校2年までずっと交換ノート、リレー小説を続けていました。

小説を書く時に心がけていることはありますか?

テンポよく読めるように心がけています。途中で「ん?」と立ち止まらないように、久しぶりに登場する人物には簡単な説明を入れたり(例;△△さんが来た→〇〇の兄の△△さんが来た)。

普段の生活の中で好きな作品、ジャンルを教えてください。

「異世界転生転移」を読むことが多いです。 

執筆スタイルについてお伺いします。執筆する場所や環境、時間など教えてください。

喫茶店でモーニングを食べながら執筆することが多いです。他に図書館や車の中。週に3~4日、1回1~2時間程度だと思います。

作品「ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました」が生まれたきっかけは?(何から着想を得たのでしょうか?)

ポーションが出て来る話が好きだったので、ポーション関係の話が書いてみたくなったので。

作品の見所はどんなところですか?

スローライフしつつも、活躍するユーリさんの姿ですね。あと一部の人に大人気の日本サイド。

お気に入りのキャラクターはいますか?

書いていて一番楽しいのはローファスさんです。あまりにも残念な人なので……。

書籍化される過程で印象深いのは?(改稿が大変、イラストがうれしい、など)

連載開始数週間で書籍化に向けての話があったことでしょうか。びっくりしました

これから作家を目指している方々へ、ひと言アドバイスをお願いします。

頭の中にあるのと、文字にしたものは別物です。たくさんの話を頭の中で考えているだけでは絶対にデビューはできません。まず書きましょう。