刊行情報

社畜騎士がSランク冒険者に拾われてヒモになる話  ~養われながらスローライフ~

著:岸本和葉
イラスト:匈歌ハトリ
四六判 1,200円+税
ISBN:978-4-8156-0359-5

この本を注文する

関連書籍

 

本の紹介

王国騎士団に入ったテオは、5年間、上司から嫌がらせを受ける毎日。

自分の部屋に帰る機会が少なくなるほど過酷な業務の割に給料は安く、精神的にも肉体的にも限界を迎えていた。

そんなある日、軍と同等に戦えるとまで噂されているSランク冒険者に家政夫として拾われる。彼女には生活力がまったくなく、それをサポートすることが条件。

騎士団の仕事に比べれば億千倍マシな業務に、桁外れの給料。

テオは彼女の要求を受け入れ、実質ヒモへと転職することになった。

最強の冒険者と一緒にいるのはトラブルが絶えないが、彼女と共にいればそれも可愛いもんだ。

テオは今日も家事をこなす。彼女に喜んでもらうために――。

家政夫に転職した元底辺騎士と最強の美人冒険者が織りなす、ほのぼの異世界ファンタジー。

登場人物紹介

著者紹介

社畜騎士がSランク冒険者に拾われてヒモになる話  ~養われながらスローライフ~』著者の岸本 和葉先生にインタビュー! 
作品にまつわる色々な質問にお答えいただきました!

小説を書き始めたのはいつ頃からですか?きっかけは?

2014年からです。自分の好きな作品はあらかた読み終えてしまって、読むものがなければ自分で書けばいいと思ったのがきっかけです。

小説を書く時に心がけていることはありますか?

慣れない難しい言葉を使うより、誰にでも読みやすいような文章にしたいと思っています。

普段の生活の中で好きな作品、ジャンルを教えてください。

基本的には少年マンガが大好きです。特に少年ジャンプの作品はどれも好きです。

執筆スタイルについてお伺いします。執筆する場所や環境、時間など教えてください。

基本的には家で。行き詰ったりしたときは喫茶店に行ってみたりします。執筆時間は昼間が多いかと。眠気があると一切書けなくなってしまうので……。

作品「社畜騎士がSランク冒険者に拾われてヒモになる話  ~養われながらスローライフ~」が生まれたきっかけは?(何から着想を得たのでしょうか?)

新社会人になり仕事に苦しむ知り合いなどをSNS上で見かけ、少しでも癒しになれる作品をと思ったのがきっかけです。そこに癒し要素として、流行りのスローライフものを取り入れようと思いました。

作品の見所はどんなところですか?

無表情系ヒロインにひたすら愛でられる部分ですね。今後はヒロインたちの魅力を大きくしていけたらと思います。

お気に入りのキャラクターはいますか?

メインヒロインのレイは間違いなくお気に入りです。しかし書いてて楽しいのはカノンだったり。もう少ししっかり書いていきたいのはユイですね。

書籍化される過程で印象深いのは?(改稿が大変、イラストがうれしい、など)

やはりイラストです。ある程度デザインについてのイメージはお伝えしているのですが、その想像を上回るクオリティのものが送られたときは鼻血出るかと思いました。

これから作家を目指している方々へ、ひと言アドバイスをお願いします。

大いに影響を受けて構わないので、人気の作品をたくさん読むといいと思います。人気になったということは、何かしらそうなった理由があると思いますので。自分の書きたいジャンルと違っても、それが新たなジャンルを築くきっかけになればと考えています。