刊行情報

薬屋経営してみたら、利益が恐ろしいことになりました2

~平民だからと追放された元宮廷錬金術士の物語~

この本を注文する

著:
まいか
イラスト: 志田
定価:
 
1,430円
(本体1,300円+税10%)
ISBN: 978-4-8156-1051-7
サイズ:  四六判

関連書籍

本の紹介

アイラは錬金術士としての才能が底知れず、彼女の実力はどんどん上昇していく。それに合わせてお店の売り上げも向上していった。

上位の冒険者たちと行動を共にすることもあり、彼女の世界は広がっていくが、錬金術の才能の上限が見えないことにも多少の悩みを持っていた。

そんな時、過去の錬金国家を崇拝するロンバルディア神聖国の者たちが彼女の噂を聞きつけ来店する。

アイテムの品揃えに感激し、神聖国に来て欲しいという依頼が舞い込むことになるが──

追放された錬金術士が大成功を収める異世界薬屋ファンタジー、第二弾!

著者インタビュー

薬屋経営してみたら、利益が恐ろしいことになりました ~平民だからと追放された元宮廷錬金術士の物語~』著者のまいか先生にインタビュー! 
作品にまつわる色々な質問にお答えいただきました!

小説を書き始めたのはいつ頃からですか?きっかけは?

大学ノートに書き始めたのは小学生の時くらいからです。ネット小説を書き始めたのは数年前からです。

小説を書く時に心がけていることはありますか?

その時の流行りを見たり、自分で書いていて楽しいかを考えたりしています。やはり一番重要なのは、自分が楽しめているかだと思いますので。

普段の生活の中で好きな作品、ジャンルを教えてください。

推理系のミステリー作品は好きです。その他、近年のファンタジーや異世界転生系の作品も読んでいます。洋画や海外ドラマも好きです。

執筆スタイルについてお伺いします。執筆する場所や環境、時間など教えてください。

自宅のパソコンで更新することが多いです。時間的には2時間以内くらいでしょうか。翌日に響かないようにしています。

作品「薬屋経営してみたら、利益が恐ろしいことになりました ~平民だからと追放された元宮廷錬金術士の物語~」が生まれたきっかけは?(何から着想を得たのでしょうか?)

過去に読んだことのある錬金術のお話や、ゲームなどがきっかけだと思います。

作品の見所はどんなところですか?

主人公アイラが錬金術を通して、色々な職業の人と関わっていくことですね。主人公の見聞が広がっていくところをお楽しみいただきたいです。

お気に入りのキャラクターはいますか?

第二王子殿下のユリウスです。やられ役ではありますが、少しは憎めないように書いています。

書籍化される過程で印象深いのは?(改稿が大変、イラストがうれしい、など)

とても綺麗なイラストを描いていただき、感謝の言葉しかありませんでした。

これから作家を目指している方々へ、ひと言アドバイスをお願いします。

デビュー作品ということになりますでしょうか。正直、偉そうなことが言える立場でもないのですが、自分で楽しい!と思える作品を書いていくことが出来れば、読者の方々はついて来てくださると思います。お気に入りや感想などは、自分が楽しめていると自然と増えていくと思います。書くことそのものを楽しむ、そして人気のジャンルや要素を調べるというスタイルが重要だと思いますので、参考にしていただければ嬉しいです。