刊行情報

お飾り妻は今の暮らしを続けたい!

志波 連
イラストありおか
定価: 1,320円 (本体1,200円+税10%)
ISBN: 978-4-8156-2224-4
サイズ:  四六判

この本を注文する

本の紹介

ルーランド伯爵家の長女マリアンヌは、リック・ルーランド伯爵が出征している間に生まれた上に、父親にも母親にも無い色見を持っていたため、その出自を疑われていた。伯爵に不貞と決めつけられ、心を病んでしまう母親。マリアンヌは孤独と共に生きるしかなくなる。
伯爵の愛人がその息子と娘を連れて後妻に入り、マリアンヌは寄宿学校に追いやられる。
卒業して家に戻ったマリアンヌを待っていたのは、父が結んできたルドルフ・ワンド侯爵との契約結婚だった。

白い結婚大歓迎! 旦那様は恋人様とどうぞ仲良くお暮しくださいませ!
やっと自分の居場所を確保したマリアンヌは、友人達の力を借りて運命を切り開く。

著者紹介

『お飾り妻は今の暮らしを続けたい!』著者の志波 連先生にインタビュー! 
作品にまつわる色々な質問にお答えいただきました!

小説を書き始めたのはいつ頃からですか?きっかけは?

つい最近です。2021年の冬でした。寒すぎてずっと家にいたのでなんとなく書いてみようかなと思ったのがきっかけです。

小説を書く時に心がけていることはありますか?

書き始めたときに決めている結末を変えないということです。それと笑いのエッセンスを忘れないことも心がけています。

普段の生活の中で好きな作品、ジャンルを教えてください。

歴史時代ものが大好きですが、推理系も捨てがたいです。主人公に感情移入して読むタイプなので、最後には勝つというストーリーが大好物です。

執筆スタイルについてお伺いします。執筆する場所や環境、時間など教えてください。

自室のPCで書いています。夜中に書くことが多く、筆がのると窓の外が明るくなっているなんてこともあって、ちょいちょい家族に怒られています。

作品「お飾り妻は今の暮らしを続けたい!」が生まれたきっかけは?(何から着想を得たのでしょうか?)

飲食店で隣のテーブルにたまたま座った女性たちの会話の中にヒントがありました。あなたは強いと言われ、嫌そうな顔をした女性心理に興味を覚えたのがきっかけです。

作品の見所はどんなところですか?

何があってもブレない主人公の天然っぷりでしょうか。

お気に入りのキャラクターはいますか?

アランです。大人になったアランを想像するだけで幸せになれますから。

書籍化される過程で印象深いのは?(改稿が大変、イラストがうれしい、など)

表紙ラフを初めて見たときの感慨はなかなかでした。

これから作家を目指している方々へ、ひと言アドバイスをお願いします。

とにかく書いてみることです。悩むのは後回しで大丈夫。思い立ったが吉日です。