刊行情報

カット&ペーストでこの世界を生きていく4

著: 咲夜
イラスト: 乾和音
四六判  1,200円+税
ISBN: 978-4-8156-0065-5

この本を注文する

カット&ペーストが通用しない!?
魔人ザナドゥ登場
熱闘バトルが、いま始まる!

関連書籍

本の紹介

新たな拠点であるクランハウスがようやく完成し、本格的にクランの活動を開始するマイン。
その一方で、マインたちの華やかな行動を快く思わないクランも存在し、嫌がらせを仕掛けてくることも多い。
そんなある日、新たな迷宮を探索していると、迷宮内でこれまでとは異質な強敵と出会ってしまう。
マインは最大のピンチを切り抜けられるのか?

スキル「カット&ペースト」で成し遂げる英雄伝説、第四弾!

キャラクター紹介

マイン
幼いころに両親を亡くした、心の優しい少年。神様から特別なスキルを授かる。

アイシ・ローレル
元B級冒険者で、「聖弓のアイシャ」の二つ名を持つ実力者。マインの伴侶。

シルフィード・オーガスタ
オーガスタ王国の第一王女。常に冷静さを保っている美少女。「姫騎士」の二つ名を持つ。マインの伴侶。

フランツ・ワークス
オーガスタ王国、第一騎士団の団長。ある任務のため、第一騎士団から国王直属の近衛騎士となる。

わっふる
フェンリルの子供。好奇心旺盛で、人の頭の上に登るクセがある。

クゥ
神獣ケートスの幼体。わっふる同様、好奇心旺盛で、「世界樹のダンジョン」の外の世界に興味津々。

ザナドゥ
マインのスキルが通用しない、謎に包まれた魔人。冷酷で自信家。

テイルズ
クラン「従魔の輪廻」の代表。目的のためなら手段を選ばない卑怯者。

ピロース
褐色のエルフで、魔人ザナドゥの奴隷。

著者紹介

『カット&ペーストでこの世界を生きていく』著者の咲夜先生にインタビュー! 
作品にまつわる色々な質問にお答えいただきました!

小説を書き始めたのはいつ頃からですか?きっかけは?

小説を書き始めたの2010年頃だったと思います。
二次創作作品を読んでいて「自分にも書けそうかな」と思ったのがきっかけでした。 実際に作品を公開するようになったのは2016年9月からです。

小説を書く時に心がけていることはありますか?

一番心がけているのは、読みやすく簡潔な文章にすることですね 。

普段の生活の中で好きな作品、ジャンルを教えてください。

ファンタジー作品、特にゼロ竹先生の「中堅(中年)サラリーマンのまったり異世界産業革命」、坂東太郎先生の「10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた」が好きです。

執筆スタイルについてお伺いします。執筆する場所や環境、時間など教えてください。

現在は病気療養中なので通常とは異なる環境で書きためていますが、いつもは自宅のデスクにあるPCで執筆しています。特別な用事がなければ、平日は夜21頃から就寝まで、土日は一日中執筆しています。

作品「カット&ペーストでこの世界を生きていく」が生まれたきっかけは?(何から着想を得たのでしょうか?)

これは、本当に思いつきと言いますか……。お風呂に入っているとき、スキルのカット&ペーストというアイデアを思いついたんです。
そこからはスキルの一覧表を作って、プロットを書いてと、どんどん進んでいきました。

作品の見所はどんなところですか?

マインくんの性格ですね。
とにかく、本作はそこが一番の特徴です。

お気に入りのキャラクターはいますか?

シルフィです。あと、1巻では登場していませんが、わっふるも好きです。

書籍化される過程で印象深いのは?(改稿が大変、イラストがうれしい、など)

今、見本を手にしていますが、自分の作品が書籍になるのは嬉しいですね。特に、自分の考えたキャラクターがイラストとして描かれているの見ると、すごく感動します。
2巻以降では、お気に入りキャラクターのわっふるも登場すると思いますので、こちらもすごく楽しみです。

これから作家を目指している方々へ、ひと言アドバイスをお願いします。

たくさんの本を読んで、とにかくたくさん書くこと。
これに尽きると思うので、頑張ってください。

(初出:ライトノベル作法研究所(http://www.raitonoveru.jp/)インタビュー日:2017年6月2日)