刊行情報

嫌われたいの ~好色王の妃を全力で回避します~

  • 乙女ゲームの破滅ヒロインに転生した主人公が 「嫌われ役」として未来を変えていく異世界ファンタジー
著:春野こもも
イラスト:雪子
四六判 1,200円+税
ISBN:978-4-8156-0569-8

この本を注文する

本の紹介

10人の側妃を持つ好色王にすら顧みられず、不名誉な誹りを受ける惨めな王妃。
そんな未来が待っているとはつゆ知らず、ルイーゼは今日も健気に縦ロールをキメる。大好きな王太子の婚約者になるために。
ある日、転んだ拍子に前世の記憶を取り戻したルイーゼは、ここが乙女ゲームの世界で、このままだと不幸な王妃か、婚約破棄のち国外追放の未来が待っていることを理解する。
「それならいっそ婚約者に選ばれなければいいんじゃない?」
そしてルイーゼ(改)は、嫌われる努力を始める。
学園に転入してきたヒロインにぜひ頑張ってもらいましょう!

口絵紹介

著者紹介

嫌われたいの ~好色王の妃を全力で回避します~』著者の春野こもも先生にインタビュー! 

作品にまつわる色々な質問にお答えいただきました!

小説を書き始めたのはいつ頃からですか?きっかけは?

2019年の春からです。それまでは無料小説投稿サイトで1年くらいひたすら他の作者さまの小説を読んでいました。自分で読みたいと思った小説が見つからなくて、ないなら自分で書こうと思ったのがきっかけです。

小説を書く時に心がけていることはありますか?

書きたいと思ったときに勢いで書いてしまう性分なので、書いた当日と翌日以降に何度も読み返して、自分の書いたものをなるべく客観的に評価するようにしています。

簡潔な文章でいかに多くの情報を伝えるか、情景描写が不足したり、くどくなりすぎたりしないように、心情描写を丁寧に、というのを心がけています。

普段の生活の中で好きな作品、ジャンルを教えてください。

 マンガが好きです。全般的に選り好みなく読みますが、特に少女マンガが好きです。最近は『ヴィンランド・サガ』にはまっていました。あれ、少女マンガじゃないですね。

執筆スタイルについてお伺いします。執筆する場所や環境、時間など教えてください。

だいたい家で執筆しています。朝布団の中でぼんやり妄想タイムを取ります。結構いいアイデアが浮かぶことが多いです。浮かんだらそのままパソコンの前に座ります。

作品「嫌われたいの ~好色王の妃を全力で回避します~」が生まれたきっかけは?(何から着想を得たのでしょうか?)

ヒーローを取り囲んで黄色い声を上げている女性が、何かをきっかけに突然冷静に自分を振り返ったら面白くなりそうだと思いました。そのまま冷静になってもつまらないので、男性と距離を取るためにさらに暴走させてみたらどうだろうと(笑)

作品の見所はどんなところですか?

主人公の少女が明後日の方向に暴走しながらも、周囲に愛されていくところですね。あとはお菓子を作る&食べるところです。私自身、食べるときが一番幸せなので。

お気に入りのキャラクターはいますか?

やっぱり主人公のルイーゼです。ピンク頭のモニカも、滑って転んで思いがけない結果に繋がっているのにあくまで前向きなところが好きです。

書籍化される過程で印象深いのは?(改稿が大変、イラストがうれしい、など)

自分の作りだした登場人物がイラストになったときにとても感動しました。頭の中で動いていたキャラクターが彩色された感じです。嬉しかったです。

これから作家を目指している方々へ、ひと言アドバイスをお願いします。

一作でも多くの物語を読むことだと思います。最初は自分の書きたいものを、思うままに書いてみてください。そして人気のある作品はなぜ人気があるのかを考えます。作者が書きたいものと読者が読みたいものは概ね違うので、書きたいものを読者の求めている形に寄せていきます。あとは楽しく読んでもらいたいというサービス精神でしょうか。