刊行情報

異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。5

この本を注文する

著: じゃがバター
イラスト: 岩崎美奈子
定価:
 
1,320円
(本体1,200円+税10%)
ISBN: 978-4-8156-0866-8
サイズ:  四六判

 

関連書籍

 

本の紹介

リリスとの緊張感ある会食後、北の地に向かうジーン。

木材の調達を行うために湖に入ると、そこで不思議な照れ屋の土偶と遭遇する。

土偶の許しを得て無事に木材を調達したジーンは、湖畔で豪華な食事をとることに。

すると、そこへドワーフ三人衆が現れる。

ドワーフ三人衆から土偶の正体を聞いたジーンは――

精霊たちとまったり生活を満喫する異世界ファンタジー、第五弾!

著者紹介

異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。』著者のじゃがバター先生にインタビュー! 
作品にまつわる色々な質問にお答えいただきました!

小説を書き始めたのはいつ頃からですか?きっかけは?

 2015年ごろからです。小説投稿サイトの存在を知って、書いてみようと。

小説を書く時に心がけていることはありますか?

 食事シーンだらけにならないように(笑)。

普段の生活の中で好きな作品、ジャンルを教えてください。

 漫画全般、時代小説。途中山あり谷ありでも最後は爽快なお話が好きです。

執筆スタイルについてお伺いします。執筆する場所や環境、時間など教えてください。

 家で、夜中に。仕事が不規則なので変な時間に書いています。

作品「異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。」が生まれたきっかけは?(何から着想を得たのでしょうか?)

 現実逃避! 自分が行ってみたい世界ですが、でもご飯とトイレは外せないな、と。

作品の見所はどんなところですか?

 主人公ジーンと周囲の認識のズレ、それにより振り回される周囲の面々の心の叫びをお楽しみいただければと思います。

お気に入りのキャラクターはいますか?

 ジーンは別として、レッツェが一番常識的で気に入っています。普通で思慮深いキャラに書けていると嬉しいです。

書籍化される過程で印象深いのは?(改稿が大変、イラストがうれしい、など)

 イラストを見せていただいた時です。文字が絵になるのは感慨深いですし、うれしいです。

これから作家を目指している方々へ、ひと言アドバイスをお願いします。

 自分が好きな物語を書くことと、続けること。文字にすることに詰まっても、諦めずに形にしてみることでしょうか。